無料ブログはココログ

2011年12月 7日 (水)

石田ゆり子がナントおっぱい丸見えになった放送事故が存在していました

今年の夏に放送したロケ番組で石田ゆり子のおっぱいが丸々丸見えに!!!【動画公開中】

5

年齢を重ねて、一層増す美しさと輝き/石田ゆり子を起用 オルビス「エクセレントエンリッチ」の新CM

オルビス株式会社は、 40代以降の本気でエイジングケアを考えはじめた女性たちに向け、 ハリとうるおい実感を大幅にパワーアップさせた100%オイルカットの 年齢肌向け高保湿スキンケアライン「エクセレントエンリッチシリーズ」の新CMに、 女優・石田ゆり子さんを起用し、11月26日(土)より全国にてオンエアをいたします。 (一部地区除く)

オルビスのエイジングスキンケア「エクセレントエンリッチシリーズ」は、 「浸透型コラーゲン」と「エラスチンIR成分」配合で肌のハリ・うるおいを呼び覚ます、 100%オイルカットの年齢肌向け高保湿スキンケアです。

新CMに登場するのは、変わらぬ透明感と輝きを持つ石田ゆり子さん。 「エイジングケアこそオイルカットである」という商品コンセプトに説得力をもたせる 美しい素肌に加え、姿勢や笑顔も素敵な石田さんの溢れんばかりの魅力と、 エクセレントエンリッチを使っていただく方々のイメージを重ね合わせることで、 年齢を重ね一層美しさを増す女性の姿を表現し、 新エイジングスキンケアの登場を伝えたいと考えました。

4
3

そして、CM内で石田さんを筆頭に 世の中のエイジングケア世代に語りかけるのは、俳優の西島秀俊さん。 あの澄んだ声で、「君の肌は素敵です、大切にしてください。」と、 本当に肌を大切にするのはオイルカットですよ、と語りかけます。 おとなの女性をはじめとして、すべての女性必見のCMです。

CM概要

•ヴァージョン :【15秒】【30秒】
•出演者 :石田 ゆり子
•ナレーション :西島秀俊
•オンエア :11月26日(土)より
全国にてオンエア(一部地区除く)

CMスタッフリスト

•広告代理店:株式会社博報堂
•クリエイティブディレクター:太田麻衣子(株式会社博報堂 クリエイティブ・ヴォックス)
•演出:関谷宗介
•撮影:大西公平

女性は、下の名で呼び合うことが多い?

事業に行き詰まり多額の借金を背負った夫が、末期ガンを患う妻を連れて9カ月もの間、ワゴン車で日本各地をさまよう姿を描いた映画『死にゆく妻との旅路』。1999年に起きた実際の事件をベースとしたこの作品は、あまりにも辛く苦しい状況にありながらも、美しい愛をつむぐ夫婦の姿が、見るものの胸に迫る感動作である。

この劇中、衰弱していく妻が、夫に「名前で呼んで」と願うシーンがある。夫役を演じた三浦友和は「我が家では絶対に妻を名前では呼ばない」と舞台挨拶で言ったそうだが、これに対し、妻役の石田ゆり子は「女性は名前で呼んでほしいもの」と反論したらしい。

たしかに、筆者も結婚からしばらくの間は、交際期間と同様に妻を名前で呼んでいたが、子供ができたことを境に「ママ」と呼ぶようになった。当然、妻は筆者の母親ではないのだが、ある種の記号的に「ママ」と呼んでいる。イマサラ、名前で呼ぶのは正直、照れくさい。

妻も筆者を「パパ」と呼んでいるので、この件で夫婦がモメることはない。が、もしかしたら妻も心の中では「下の名前で呼んでほしい」と思っているのかもしれない。筆者はどうか。筆者としては、妻に「下の名前で呼んでほしい」とはまったく思わない。むしろ、照れくさいのでやめてほしいと思うくらいだ。

「下の名前で呼ばれたい」という気持ちは、もしかしたら男性よりも女性の方が強いのかもしれない。また、「下の名前で呼ばれたい」という気持ちがあるということは、パートナーを「下の名前で呼びたい」との気持ちも強くあるのかもしれない。あくまでも推測ではあるものの。

このような推測を持つようになったのには、ワケがある。筆者の妻は、とうに三十路を超えている。ちょっとした熟女である。しかしこのプチ熟女、今もって、新しく出会った女性の友人を下の名前で、ちゃん付けで呼ぶのだ。

子供の頃や学生時代からの友人を下の名前+ちゃん付けで呼ぶのは、まあわかる。

こちらも三十路を超えたビギンオッサンである筆者も、旧友たちに対しては昔と変わらず下の名前で呼んでいるわけで。しかし、大人になってから出会った友人・知人を下の名前で呼ぶことはまずない。

子供が生まれ、育っていく過程で、いろいろな場所で妻が新規に出会ったママ友たち。正式な年齢は知らないが、まあ妻と同世代と見て問題はないであろうこのママ友たちと、下の名前+ちゃん付けで呼び合う妻。その姿を見て、筆者は違和感を感じてしまったのである。

妻に聞いたところ、ママ友たちとは、出会ったその日から下の名前ちゃん付けで呼び合っているという。早いな~と思ったが、ふむ。よくよく思い返してみると、筆者が学生時代、男子よりも女子の方が、出会って間もなくから下の名前で呼び合うパターンが多かった気がする。

ではなぜ、女性は下の名前で呼び合うことを好むのであろうか。もちろん、それを好まない女性もいるとは思うのだが、傾向として多いのか。ちょっと考えてみた。

民法で「夫婦同氏原則」が定められている現在の日本においては、結婚をしたら女性は、夫となる男性の苗字を名乗ることになる。つまりは、結婚するまで名乗ってきた自分の氏名の氏の部分を捨てることになるわけだ。だからこそ女性は無意識的に、氏名の名の部分を男性以上に大切にするのではないだろうか。

また、歴史的に日本の女性は公的な名前を持てなかったり、名前を呼んでいいのは親と夫だけで外では明かしてはいけなかったりと、女性の名前は軽視されていたともいわれている。そんな歴史があるからこそ、もしかしたら遺伝的に下の名前を大切にする意識が日本の女性には根付いているのかもしれない。

妻も名前を大切にしているのかもな、本当は下の名前で呼ばれたいのかもな、と思った筆者。ぐむむ。しかし、照れくさい。照れくさいぞ。けど、愛する妻のためだ。ここは思い切って……。「○○(←妻の名前)ちゃん」「なによ。気持ち悪いからやめてくれない」。

石田 ゆり子(いしだ ゆりこ、1969年10月3日 - )は、日本の女優、エッセイスト。本名、石田 百合子(読み同じ)。愛称は、ゆりちゃん、いしらさん、りり。

2

愛知県名古屋市生まれ。東京都出身。かつてはボックスコーポレーションに所属していたが、妹のひかりと共に個人事務所「風鈴舎」を立ち上げ、社長兼女優として活動している。女優の石田ひかりは実妹。

女子栄養短期大学第二部卒業。身長163cm、血液型はA型。

愛知県名古屋市で誕生の後、すぐに東京で生活。その後も父親の仕事の都合で引っ越しの多い(東京都→兵庫県西宮市→神奈川県川崎市→台湾)子供時代を過ごし、15歳の時に再び東京に戻る。小学校の時に水泳(平泳ぎ)でジュニアオリンピックに出場し、8位入賞。中国語も堪能である。

高1の時にスカウトされてモデルになり、全日空イメージガールに選出されて沖縄キャンペーンガールのキャンペーンでポスターなどに登場する。代表作は『101回目のプロポーズ』、『Dr.コトー診療所』など。

ペットに1匹の犬(名前は「花」)と4匹の猫(名前は「アンジェ」、「メイ」、「ミント」、「ビスク」)を飼っている。

妹には「りり」と呼ばれている。本名の由来となった花(ユリ)の英名(Lily)から「りり」と呼ばれているのではなく、石田ひかり本人によると「小さい頃ゆりって発音出来なくてりりって呼んでいてそのままに」との事である。

一般的に可憐なイメージを持たれているが、本人曰く「スポ根女」とのこと。また、三谷幸喜が舞台『12人の優しい日本人』の記者会見で「会ってみるとトンチンカンな方でした」と答えている。NHK演出家の佐藤幹夫はデビュー作のとき「雰囲気が吉永小百合と被るところがある」とA-Studioで評価した。

チクビまで丸見えになってしまった放送事故動画

Bees

コメント:

意外とおっぱい大きいね
oreha makidai 2011年12月7日 16:51

年齢を考えるとすごい若々しいオッパイ
salanheyo 2011年12月7日 14:18

すごいエッチしたい
fell mind 2011年12月7日 13:40

すごい幸せな気分にもなった
coly make 2011年12月7日 12:35